MENU


高等学校


令和2年度 夏季京都府高等学校野球ブロック大会

組み合わせ決まる!

ブロック大会の組み合わせが決まりました。初戦は7月18日(土)12:00より、わかさスタジアムにて京都工学院VS龍谷大平安の勝者と対戦することになりました。
応援よろしくお願いいたします。(原則無観客です)



大会全体の組み合わせ表


代替大会の開催決定!

府高野連より代替大会の発表がありました。
第102回全国高等学校野球選手権大会が、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から 中止となり、各都道府県代表校を決める地方大会も 「中止」 となりました。
本連盟は、これに代わる独自大会『令和2年度 夏季京都府高等学校野球ブロック大会』 を新型コロナウィルス感染防止対策を講じた上で開催することを決定しました。
大会は 7月11日(土)〜7月26日(日)[土・日・祝日のみ]の 8日間開催。
[予備日:8月1日(土)・2日(日)]
無観客で実施をし、一般には公開いたしません。(府高野連のサイトより)


京都府高野連は6月8日、中止が決まった全国高校野球選手権京都大会の代替大会を7月11日あるいは18日に開幕し、26日までの土・日・休日に行う、と発表した。大会名は「夏季京都府高校野球ブロック大会」とし、わかさスタジアム京都、太陽が丘、あやべ、峰山の4球場を使用する。

開幕日は今後、部活動の再開状況などを見ながら決定する。11日開幕の場合は8ブロック、18日開幕の場合は16ブロックに分けてトーナメント方式で争う。抽選会は未定だが、選手は集合しない。(京都新聞6月9日)

7イニング制、ブロック別で優勝争う 夏の高校野球、京都の代替大会(京都新聞6月9日)

京都)独自大会、7月11日にも開催へ 府高野連(朝日新聞6月9日)


選手権大会は中止

全国高校野球選手権大会を主催する朝日新聞社と日本高校野球連盟は5月20日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、今夏の第102回全国選手権大会と、代表49校を決める地方大会の中止を発表しました。